バイクのマフラーってどんな役割があるの?

バイクのエンジンに接続されているマフラーと呼ばれるパーツ、どんな用途で存在するのかあまり詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。
バイクのマフラーといえば暴走族が改造して大きな音を出している、といった漠然としたイメージをお持ちかもしれませんが、実はとても重要な役割を果たしているのです。
マフラーには大きく分けて2つの役割があり、まず1つは排ガス放出時の消音機能です。
内部の「サイレンサー」という部分を通すことにより、排ガスが出る勢いを弱め、排気音が小さくなります。
「サイレンサー」は排ガス抜けを重視したストレートタイプ、静音性を重視した隔壁タイプの2つがあり、目的によってカスタムすることが可能です。
そしてマフラーのもう1つの機能は吸気効率を上げること。
吸気効率が良くなり吸気量が増えることでエンジンパワーを上げることができます。
吸排気を考慮した良いマフラーを選ぶことでエンジンパワーが上がり、さらに速いスピードの世界を体感することができるでしょう。

none

最新記事