越境ECでの成功とは

日本国内で大手企業の経営不振が話題になる中で、勢いを増しているのが越境ECです。
インターネットで商品を販売するいわゆるECサイトが当たり前になっていますが、この仕組みはそもそもインターネット上でさらに多くの消費者に向けて商品を販売したいというニーズを叶えるために生まれたものですから、その視点が不況にあえぐ日本を飛び越えて、外国に移動したとしてもなんら不思議ではありません。
ただ、単に既存のECサイトを外国語仕様にしたからといって、越境ECが成功するわけではありません。
越境ECで利益を生むことを本当の意味での実用化とするならば、日本市場を研究するのと同じくらいか、それ以上に外国市場をリサーチすることが重要になってきます。
また、既存のニーズにアプローチするだけではまだ物足りません。
せっかく日本の企業が外国語向けの商品を販売するのですから、日本特有の文化や起業精神を織り交ぜたアイディアを形にしたいところです。