越境ECに向けた準備

個人の海外移住、民間企業の海外進出、大学の海外協定……日本が不況で苦しむ中、海外に目を向けて何かを始めるという動きが活発になってきていますが、それは小売業も例外ではありません。
インターネットでECサイトを運営することは当たり前ですが、もう1つ飛び越えてそのECサイトを海外に向けて発信する越境ECが注目されています。
「今のECサイトを外国語仕様にすればいいの?」
そんなことはありません。
越境ECを成功させるためには、まずその活用事例を覗いてみるのが良いでしょう。
たとえば、職人が作製した扇子を売っていたある中小企業は、某社の羽根のない扇風機や、USBで給電できる扇風機の人気のせいで売り上げが伸び悩んでいました。
そこで外国人向けに日本の文化を強調した越境ECを行ったところ、売り上げが急増して倒産の危機から一転、新製品の開発も可能になりさらなる成長に繋がりました。
このように、元々販売している商品が海外の消費者の視点で見たとき魅力的かを吟味してみることが越境ECを検討する上ではとても大切です。